来てくださってありがとうございます!

以前購入した、こちらの刺しゅうの本。


 
 
こちらの本に、ドロンワークのやり方が載っています。


前々からやってみたいと思っていたドロンワークに挑戦してみました!

ドロンワークとは、布から織り糸を規則的に抜いて、残った糸を束ねながらかがり、模様を作っていく技法です。
(イチバン親切な刺しゅうの教科書より)


なかなか、はじめてやるのは難しかったですか、書いて行こうと思います。


シーチング生地で刺繍してみる

FullSizeRender
普段、刺繍をするときに、使うシーチング生地でやってみたら、目が詰まりすぎて、糸が抜けない…!

生地の種類も大事と気づく。

そして、家にあった目の荒いガーゼ生地があったので、これでやってみることに。




ガーゼ生地で再挑戦


FullSizeRender

おぉ✨

ちゃんと糸が抜ける!

(後に1列全部抜く必要はないと気づく)

このまま続けていったら…


FullSizeRender

あれ!?

左側は糸が止まるけど、上側、糸が止まらず抜けてしまうんだが!?

そして、よくよく本を見ると、「耳がある側は折り畳まなくてよい」と書いてある。

「耳」ってなんだ、と調べると

「処理されていない生地の端っこだけど、ほつれることはない」らしい。

そっか、ただ切っただけの端っこはほつれるから、こっちも折らないといけないのね。


気を取り直して、3回目の挑戦。


FullSizeRender

両側折り畳んで、糸を抜いていきます。

(一本全部引き抜かなくても、短く切って抜けばいいと気づく)

FullSizeRender

1cm分、糸を抜きます。

やっと、ドロンワークっぽくなってきました♡


FullSizeRender

もう片側の糸を抜きます。

角のところに、穴が空きました(^^)

ここから、どうすれば良いのかと、本を読んでいく、、、



FullSizeRender

引き抜いた糸を、しまいながら、かがり縫いをしていきます。

(かがり縫いがガタガタ笑)

(あと、布の質感と、糸の質感が違うと目立つなぁ)


FullSizeRender

すだれ状態の糸を束ねていきます。

難しい(>_<)

けど、やってると少しずつ慣れてきます


FullSizeRender

束ねた糸を、さらに3本1セットで真ん中を縛っていく。

クオリティは低いけど、それっぽくなりました♡

(けど、この生地だと糸が細すぎて見本みたいな綺麗な束にならない)


FullSizeRender


もう片方の角も、同じように束ねると、こんな感じ。

はじめてにしては、頑張ったのでは笑



学んだこと

学ぶことはたくさんありました。

・ドロンワークのやり方がざっくり分かった
・ドロンワークをするには、生地や糸の種類を選ぶのも大事

・かがり縫いを丁寧にやると、きれい
細かいところが切れるハサミがあるといい
・生地の「耳」は、処理していないけど、ほどけない端っこ

ネットで調べると、ドロンワークの作品がいっぱい出てきて、「どうやって作るんだろう」と思ってたんですが、少しイメージが出来そう。

素敵な作品を作れるように、練習しようと思います!!

読んでくださってありがとうございました


▽「刺しゅうの基本」という本の感想です
▽キットのレビューも


▽「ビーズ刺繍でつくるハンドメイドアクセサリー」でビオラを作りました