yururin♩きょうもビーズブログ

このブログは、手芸、特にビーズと刺繍について書いていきます。作品の作り方や、おすすめの本やキットの紹介もしていきます。

来てくださってありがとうございます! ゆるゆると、趣味のビーズや刺繍のことを 発信していきます

来てくださってありがとうございます!

IMG_1840
今日は、ビーズツリーの飾りを作っていました。

ガラスビーズや銀の紐をリボンにしたものを、少しずつ足していきました。

IMG_1841
てっぺんには、パーツクラブで買ってきた、ワイヤーボールを飾ってみました!

意外と合うのでは(^^)


IMG_1842
銀のリボンはこんな感じ。
きれいに作って、ワイヤーで飾るのが結構めんどかった…!

ガラスビーズとかスワロフスキーはやっぱり合いました。

あとは星のモチーフももう少し作らないと!

クリスマスまであと1ヶ月あるので、完成させたいな。

読んでくださってありがとうございました♪

来てくださってありがとうございます。

ビーズのクリスマスツリーが完成して、飾り付けを作っているところですが、最後に書いたのがこちらの記事。

10月11日で、もう1ヶ月もたつのか…

最近、ビーズツリーの飾り付けを進められなかったのには訳があって、

メインで使おうと思っていた、コットンパールが、ツリーに合わない…!

IMG_1478

アクセサリーを作るときには、コットンパールはすごく使いやすいから、ツリーでも合うかなと思ったけど、なんか悪目立ちしてるというか。

なんだろう、木についた白い球が、虫の卵に見えてきてしまったり←気持ち悪い想像力ですみません

自分の中でごまかそうと思ったけど、やはり違和感は消えず。

外してしまえばいいというのももっともなんですが、

IMG_1433
こんなにいっぱい買ってしまった手前、なかなか現実が受け入れられなかった!

けど、昨日ついに、1ヶ月ぶりに飾り付けに手を加えました

IMG_1826
スワロフスキーを飾ってみたら、とてもきれいでツリーに合いました。

透明なビーズの方がツリーには合うのかな。

コットンパールは、2段にして雪だるまモチーフにすればいけるかしら←往生際が悪い


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
やっぱり自分の中の違和感はごまかしてはいけないということ。

見ないようにして無理に進めていって、最後もっと大変なことになってしまう

お金は無駄になってしまったけど、このくらいの痛手で済んでよかったんだ。

これって人生にも当てはまりますよね。

自分の中で違和感があるけど、やめられなくて続けていること。

あるとき「もう無理!」ってなって、急にやめてしまうけど、なんかすっきりして逆に「早くやめればよかった」って思ったり。

早めにやめちゃえばいいんですけど、難しいんですよね。

手芸でもそれを学ぶとは

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
また、クリスマスツリーが進んだら書こうと思います!

読んでくださってありがとうございました



来てくださってありがとうございます!


IMG_1818

水色と白と銀のボーダーイヤリングを作りました!

最近、刺繍イヤリングのコツもつかめてきました。

この大きさのイヤリングを作るのは2つ目です。

▽1つ目に作った小さめの刺繍のイヤリングはこちら


▽少し大きめの刺繍のイヤリングはこちら

今回は水色と白と銀のボーダーイヤリング材料作り方を書きたいと思います。



目次

材料

作り方




1.材料

大体この写真のような感じです。

IMG_1804

・刺繍糸ソワエ「水」「生成」
・にしきいと「銀」
・白のシーチング生地
・パールビーズ3mm
・イヤリングパーツ(シルバー・8mm台座付き)
・フープパーツ14mm
・ビーズ糸
・刺繍枠
・刺繍針
・ビーズ針
です。

大体クラフトパークパーツクラブで購入してます。

▽刺繍糸と布は楽天市場で購入しました
IMG_1812
あと、裏地です。
(毎回最初の写真に入れ忘れる)

これはパーツクラブのオンラインストアで購入しました。


作り方

まず、刺繍枠に、シーチング生地を張ります。

IMG_1806
そして、フープパーツを刺繍糸「生成」を3本取りで1mmくらい間隔で縫い付けていきます。



IMG_1807
こんな感じに。


IMG_1808
そのまま、上のような感じで、平行に「生成」を刺繍します。
このあと、「水」と「銀」も刺繍するので、その2色が入るくらいのスペースを空ける感じで。
大体1.5mmでした


IMG_1809
3本取りで「」の刺繍をしたところ。



IMG_1810
さらにその隙間に「銀」を。
この、にしきいと「銀」をいれると、途端にアクセサリーらしくなります♡


IMG_1811
ビーズ糸とビーズ針を使って、4mmのパールビーズを刺繍します。


IMG_1814
イヤリングのモチーフは、周りを数mm残して裁ち鋏でカットします。
裏地は、フープパーツの内側と同じくらいの大きさの円に切ります。


IMG_1815
裏地とモチーフを縫い合わせます。
まず、モチーフの縁の刺繍糸の隙間に針を通します。


IMG_1816
そのまま、裏地を合わせて、裏地と、最初に針を通した隣の隙間に針を通します。

(説明がややこしいですが、フープパーツの刺繍糸の隙間に糸を通しながら、裏地と縫い合わせていくだけです)


IMG_1817
途中でイヤリングパーツを、モチーフと裏地の間に接着剤で付けます。

IMG_1820
最後まで縫い合わせたところ。
(糸で縫ってあるところが「手仕事」って感じですごく好き。均等に縫えなかったけど)


IMG_1818
完成です✨

後ろに、この前スワッグから取り出した稲みたいなドライフラワーを飾ってみたよ!

▽スワッグを分解したときの話。

いやー、かわいくできた。

刺繍糸ソワエと、にしきいとって、アクセサリー映えするなぁ。

ただ縫い付けるだけでこんなにきれいになる。

素材の力ってすごい。出会えてほんとよかった。

また、何か作ったら載せようと思います!

(それより、また作業台がめっちゃ散らかってしまってるから、片付けのことを書くかな)

読んでくださってありがとうございました!


来てくださってありがとうございます!

IMG_1073
△ビーズ刺繍の背景に、ユーカリのドライフラワー

私が、アクセサリーの背景に使っているドライフラワーの話を書こうと思います。

以前購入したex. flower shop & laboratoryのスワッグ。

5289DD11-E700-4EF1-9028-D414D2DC5E1D
購入したばかりのときはこんな感じ。

まだまだフレッシュで、とてもいい香りがしました

フレッシュな状態から、少しずつドライフラワーになっていくのを楽しむという、とても素敵なスワッグでした♡

はじめは、ハーブのいい香りも部屋にただよっていたなぁ

5月の終わりに購入したので、もう半年も経ちました。

いつも、背景に使っているドライフラワーはこのスワッグからとっています。

そのスワッグの今の状態はこんな感じです。

IMG_1782


だいぶ色あせてしまってきました💦

これでも綺麗だけど、もう外そうと思います。

束を分解すると・・・

IMG_1783
6種類の植物に分けられました♪



IMG_1784
かすみ草に似ている、ピンク〜紫の小さいお花。
調べたら「ブルーファンタジー」という名前かな。
お花の紫は保たれているけど、茎がもう枯れて茶色くなってしまっているなぁ。
IMG_0627
△ビーズ刺繍を、はじめたばかりの時の作品。このときの背景にブルーファンタジーを入れました。
やっぱり、ちょっとドライフラワーあると、ぐっと素敵になる!




IMG_1785
これはなんていう名前の葉っぱか分からなかった
葉っぱの裏が白く光を反射してとてもきれい。
緑もはじめはきれいだったけど、だいぶ色あせちゃっています。

IMG_0673

△上のスパンコールのイヤリングの背景に使ったなぁ。白系のアクセサリーの背景にとても使いやすかった!


IMG_1786
みたいなやつ。
これは綺麗だから取っておこう!


IMG_1787
ラベンダーはとてもきれいなドライフラワーになった!
こちらはまだよい香りがします♪

IMG_1764
最近作ったパステルカラーの刺繍のイヤリングの背景にしました。
ラベンダーは色が長く保たれるなぁ。


IMG_1788
トゲトゲがついた葉っぱの中に松ぼっくりみたいな実があるこちらの植物。
これも調べたら「エリンジウム」という花みたいです。
かわいくてとても好きだけど、葉っぱと茎の部分が茶色くなっちゃってます。

IMG_0626

△このイヤリングの背景に使ったときは、まだ緑が鮮やかだった!


IMG_1789
最後はユーカリの葉っぱ。
ユーカリはきれいな緑が保たれています!
IMG_1073
△ユーカリの葉っぱも、長く色が保たれて、使いやすい。一番よく使っているかも。


IMG_1791

色が綺麗なのを残して、ドライフラワー用の箱に。

また、アクセサリーの背景に映ると思います😊

背景に少しドライフラワーがあると、
アクセサリーが引き立っていい感じになります

違う種類のドライフラワーも欲しくなってきたなぁ。

読んでくださってありがとうございました♪








プライバシーポリシー